HOME>アーカイブ>どんな種類があってどれくらいの費用がかかるか紹介

どんな費用がかかるのか

女性

オフィス移転をする際にコストはどれくらいかかるのか気になるのではないでしょうか。オフィス移転にかかる費用は契約面積や人数によってある程度知ることができます。まず今契約しているところの原状回復費用のコストが発生します。オフィスのだと、マンションと違って経年劣化も原状回復費に含まれるので、一坪あたり3~5万円程度かかります。大型ビルの場合だと、一坪5~8万円かかる場合もあります。物件によって差があるので、解約前に確認してみるのがいいでしょう。他に新しいオフィスの契約費用や引越し費用、新しいオフィスの内装費用などがかかります。これらの点を考慮して費用を計算してみるのがおすすめです。

賃貸契約にかかる費用の種類

私服の男性

オフィス移転のコストの一つである賃貸契約にかかる費用には、さまざまな種類があります。どんなものがあるかというと、敷金や礼金、前家賃などがあります。敷金は契約する広さによって異なり、50坪以下だと賃料の3ヶ月から半年分、50坪以上だと賃料の半年分から1年分かかります。礼金は大手ビルオーナーであれば、基本的にかかりません。ただし個人オーナーの場合はかかることもあり、賃料の1~2ヶ月分を請求されることもあります。他に火災保険料や保証委託料などがかかります。

内装工事にかかる費用の種類

電卓

オフィス移転にかかるコストに内装工事にかかる費用がありますが、それもさまざまな種類があります。どのような種類があるかというと、レイアウトと内装設計費用、建築設備工事費用です。レイアウトと内装設計費用は、1坪1~3万円ほどかかります。建築設備工事費用は内装の他に電気設備や防災設備、空調設備なども含まれており、1坪20~35万円ほどです。他にIT・通信設備工事費用やオフィス家具費用などが掛かります。IT関連4は1坪5~15万円ほどで、家具などは1人につき5~30万円ほどです。

広告募集中